« 大塚食品 銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー | トップページ | サントリー 金麦「幸せの、あいあい皿。今年もお届け。」 #金麦あいあい皿とどいた »

2016年10月 8日 (土)

セブンイレブン とろとろ玉子の親子どんぶり

セブンイレブン とろとろ玉子の親子どんぶり

Image7895

三大コンビニ?の中で最高に美味しかったです!?!

セブンイレブンさんの“親子丼”

ファミリーマート 玉子がおいしい親子丼

ローソン おだし香る 親子丼 関西限定!

さらにとろっとろの具材!?!

上皿に入ってる具材のとろとろ具合の凄いこと???

この状態でコンビニ棚に並んでいるんですねぇ???

何度も呟いてますけど、日本の食品産業の技術は凄いですねぇ!

ほんと、とろけています。

もう、そのままでも美味しそうな具材の玉子!?!

とろっとろです!!!

Image7897

で、出汁が美味しいです!?!

コクのある甘い御出汁が玉子とご飯に絡んでとっても美味しいです。

ここらへんは三社とも良く出来ています。

で、鶏肉がおっきいうえに多いです!?!

歯応え良いです。

で、山椒です!?!

それもGABANの山椒です!?!

ありきたりの七味ぢゃなくて山椒です!?!

嗚呼、山椒で良いんや???

サンショラー?の私は山椒使用を許されたのでこの後、親子丼に

山椒をふりかけまくりました。

鰻丼並に、、、、、、、

激旨!

Image7898

セブンイレブンさんの親子丼は素晴らしい出来栄えでした。

とっても美味しかったです。

トロットロの具材におっきな鶏肉、見事なお味の出汁と甘味!!!

もちろんまた食べさせていただきます。

山椒が大正解でした。

セブン-イレブン とろとろ玉子の親子丼 九条ねぎ・国産山椒

Image7896

どんぶり アーカイブ

マルハニチロ 金のどんぶり 親子丼 玉子自慢!
松屋 牛めし (大)
松屋 牛めし(並)
松屋 ネギ塩豚カルビ丼
松屋 ビビン丼
吉野家 牛丼 お持ち帰り
ほっかほっか亭 “ 牛とじ丼 ”

ほっかほっか亭   “ 親子丼 ”
ファミリーマート 玉子がおいしい親子丼
ローソン おだし香る 親子丼 関西限定!
彩食葉華菜麗 ねぎとろ丼
彩食葉華菜麗  “海鮮まぐろ丼”
彩食葉華菜麗  “ 麻婆豆腐丼 ”
彩食葉華菜麗  “ 豚丼 ”
彩食葉華菜麗  “ カツ卵とじ丼 ”
彩食葉華菜麗  “ ふわとろ! 豆腐丼 キッチンぷいぷい ”
彩食葉華菜麗 “たっぷり茄子の肉味噌丼”
彩食葉華菜麗 “ すし処 だいみょう 土用の鰻 ”
彩食葉華菜麗 “土用の丑の日 鰻丼 ”
彩食葉華菜麗 “土用の丑の日 鰻丼 平成弐十四年 ”
彩食葉華菜麗  “
土用の丑の日 鰻丼 平成弐拾八年 ”

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

吉野家 冷凍親子丼の具 5袋
価格:1710円(税込、送料別) (2016/10/8時点)

Image7899

今日のつぶやき

おやじサラリーマンの悲劇 

大阪ビジネス街の地下鉄の駅

重い荷物を持ってエスカレータで登っていく私。

階段では中年おやじサラリーマンが地下鉄に乗ろうと階段を駆け

下りていきます。

が、ずりっと足を滑らせ焦るおっさん!

階段を躓きながら手摺に掴まろうともがいておりますが、手摺で

はなく前を歩くOLのおねえちゃんに、、、、

キャー!!!っと駅中に響き渡る悲鳴!?!

おっさん、後ろからOLにのしかかるように倒れますが、おねえち

ゃん、おもいっきりおっさんを突き飛ばす!

で、見事に階段の下まで転げ落ちるおっさん、、、、、、、、、、、

階段をぐるぐる落ちていきます、、、、、

見事な落ちっぷり、、、、、、、、

階段の下でピクピクしてるおっさん、、、、、

振り返って呆然と見ている多くのサラリーマン、、、、、

大阪の日常風景でした。

|

« 大塚食品 銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー | トップページ | サントリー 金麦「幸せの、あいあい皿。今年もお届け。」 #金麦あいあい皿とどいた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コンビニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138159/64286578

この記事へのトラックバック一覧です: セブンイレブン とろとろ玉子の親子どんぶり:

« 大塚食品 銀座ろくさん亭 料亭のまかないカレー | トップページ | サントリー 金麦「幸せの、あいあい皿。今年もお届け。」 #金麦あいあい皿とどいた »