« キリン 午後の紅茶 冬のほろにがラテ | トップページ | 月刊ヒーローズ創刊 “ULTRA MAN” »

2011年11月 3日 (木)

F1 Modeling Vol.48 “ The Formula 1 Turbo Era ”

F1 Modeling Vol.48  “ The Formula 1 Turbo Era ”

Image3176

今回のF1モデリング Vol.48永久保存版です!!

(私にとっては全部、永久保存版ですが、、、、)

80年代を疾走した珠玉の狂気!!1500馬力の咆哮!!

ターボマシンの数々!! 

Ferrari 126C2 ・ 126C2B/126C3 ・ 156/85

ヴィルヌーブ最後の愛機126C2!!№27とともに跳馬組

の誇りでありハーベイ先生跳馬組最初の作品!!

英国製跳馬
!! 跳馬組最後のウイングカー!!!

USウエストGPでの掟破りのダブルウイングもあります!!

短いノーズにフロントサスカバーがかっこいいです!!

サイドポンツーンの排熱用のスリットも感涙もの!?!

サイドポンツーン下部のスポンサーステッカーの美意識の無い

適当なところが懐かしいです!!!

Brabham BMW BT50 ・ BT52/BT52B

ウイングカー禁止によりその姿を完全に変態させたマーレイ

先生の槍烏賊マシン?BT52/BT52B  その三角形のフロ

ントウイングのかっこよかったこと!!!重量物をすべて後に

集めてボデイはピットストップ作戦による小型燃料タンクもあわ

せて超細身の槍烏賊形状!?!フレンチエスタブリッシュメント

によるフランス製ターボエンジン、フランス製シャーシ、フランス

製タイヤによるF1制覇の目論見を英国チームの独逸製エンジ

ン、ブラジリアンドライバー、日本製ピストン?そして超違法高性

能燃料により打ち砕いた!!!F1史に残る淒玉!!!

Image3177

McLaren TAG Porsche MP4/2・MP4/2B・MP4/2C

MP4/2 ウイングカー全滅からの混乱期を脱し、F1の正常進化

を導いた、バーナード先生の秀作!現在F1の基本的形状!?

と言えるノーズ両サイドにフロントウイングの設置からサイドポン

ツーン前部へのラヂエター配置、コークボトルラインによる後端部

絞込みという基本的形状を定めた基盤的マシン!!そしてTAGに

よるポルシェ特注エンジンの使用とハーキュリーズ製のカーボンフ

ァイバーモノコックフレームの使用という革新的マシンとして登場し

ました。ロン御大のプロジェクト4による主導のもとマルボロという

巨大資本+マクラーレン+高性能エンジン+凄玉ドライバー(ラウ

ダ&プロスト)という現マクラーレンの基本形を創りだしました!!!

それにしてもMP4/2シリーズはかっこいい!!!!!!!!!

サイドポンンツーン前部のエアアウトレット部が膨らんで段差がつ

いているとこの美しさ!リアカウルの美意識!美しすぎるマルボロ

カラーの配色とサブスポンサーステッカーのレイアウト!!

何時の時代に見ても「美しいF1マシン」として記憶される基本形!!

Williams HONDA FW11 ・ FW11B

ターボF1時代、HONDA再登場を世界に震撼させた名車!!

F1中継前夜の日本F1者を狂気させた快進撃!!

Canon という超絶日本光学機器メーカーをメインスポンサーに

掲げ無敵の王者ネルソン・ピケと新進気鋭??のマンセルという

凄玉険悪コンビでプロストを小突まわしました!!!

いてもたれ!!!

Image3178

Renault RS10

ウイングカー時代からF1を観ているF1者にとっては完璧な「ウイ

ングカーシェイプ」なマシン!!ルノーRS10!!うつくしい!!

前記のブラバムBT50も同様、ウイングカーとして完璧なスタイル

です!!うつくしすぎます!!しかしまあ1500ccで3000ccの

フォードコスワースDFVに挑み、新時代を切り開いたもんです!!

ターボエンジン搭載車としての勝利を初めて記録しましたが、F1

制覇はバーニーに阻まれウィリアムズルノーまでお預けという苦渋

も!!!29Pの真横からのショットは美しいF1マシンそのものです!

小さな空力補正用のフロントウイングにルーバー満載の巨大なサイ

ドポンツーン!!巨大でワイドトレットなミシェランタイヤ!!

何もかもが美しい。

Toleman TG181

ローリーバーン先生のF1デビュー作!!!

昔を知らない人が見たら「泡沫チームのポンコツマシン」かの

ようなトールマンTG181!!(予選落ちを重ねましたが。)

前年、F2王ブライアン・ヘントンのドライブで空力可変ポンツー

ンを搭載した無敵のF2マシン「トールマンTG280」でF2チャン

プを獲得したトールマンF1進出初号機!!!

そして、この後に「狂気のF1マシン トールマンTG183」を生

み出すのです。

Zakspeed 841

ザクですよ!?ザク!!!

日本人にはあの「亜久里」の所属したチームとして記憶の片隅に

残るチーム「ザクスピード」!!!

マシン自体はいかにも下位チームの車臭を漂わせる造りですが、、

(まとまりすぎというか、特色も狂気もないスタンダートな形???

ここからして同じプライベーターなトールマンとは思想が違います) 

21世紀にはマクラーレンをスポンサードするWestタバコがサポ

ートしております!!!

フォード製独自開発??四気筒ターボエンジンを搭載して奮闘し

ておりました!? パーマー先生が懐かしい!

Image3179

F1モデリング48号

F1モデリング48号
価格:3,990円(税込、送料別)

pray for Japan

自粛ムードが変な方向に行くんぢゃあ意味ないんで、、、、
私たちは仕事して内需拡大させて経済まわさねば!!!
回復させた経済で復興させねば落ちてゆくだけ!!!
西日本はお仕事頑張りましょう!!!
しっかりお金を稼いで税金払いましょう!!!
で、私とこはいつものスタンスで書かせていただきます。
 


|

« キリン 午後の紅茶 冬のほろにがラテ | トップページ | 月刊ヒーローズ創刊 “ULTRA MAN” »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138159/53034939

この記事へのトラックバック一覧です: F1 Modeling Vol.48 “ The Formula 1 Turbo Era ”:

« キリン 午後の紅茶 冬のほろにがラテ | トップページ | 月刊ヒーローズ創刊 “ULTRA MAN” »